舞踊動画「丹波 田植えの夕刻」

私たちの美しい日本~「丹波 田植えの夕刻」
(虚実皮膜的風景 その1)

思っていたことが昨日、一つ形になりました。

この数ヶ月間で、当然ある日常が突然姿を変えることを経験し、自分の心の在処を見つめ直しました。

思い起こすと私の幼少期には、吹田にある自宅2階から8km離れた大阪城が見えました。今は4階の屋上からも見えません。

人の営みが変わり まちも姿を変えます。
また自然環境も変わります。

今、私の心を癒やしてくれる美しい光景も いつどのような形に変化するのか、それは 今の私には わからないこと。
そしてその光景をどのような感情で受け入れるのか、それもその時の自分次第。

それならば…
今、目の前にあるその美しさを、
表現をする仲間たちと 今、残していきたい。

第一弾は、丹波です。
以前に友人から送られてきた丹波の田んぼの夕景に心を奪われ、いつかここで踊ってみたいと思っていました。
曲は、「summer time」です。


踊り     ごん乃ゆい
ソプラノ   中川京子
尺八・三味線 児玉宝謹

写真撮影   堀田幸司
ロケハン   細見典行

尾道・西國寺TERAKOYAコンサート

9月28日(土)17:30~ 尾道・西國寺にて

「西國寺TERAKOYAコンサート」に出演させていただきます。

今回は、般若心経とのコラボレーションに始まり、つるの女房、

そして重要文化財の金堂の前で、バッハヴァイオリンソロに合わせて創作舞をさせていただきます。

ぜひお運びくださいませ。

今昔物語~舞茸

2019年1月29日

千里金蘭大学佐藤記念講堂にて

語り 花むらてん
和太鼓 TAKERU
舞踊  ごん乃ゆい
歌と踊り 千里金蘭大学児童教育学科一年生有志

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古典を身近に感じる現代表現へのチャレンジ舞台ですが、語りは原文と訳文との混合体です。
現代にも生きる千年の日本人文化の心 をさまざまな記録から描く

「今昔物語」28巻1000話を紐解くシリーズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、山に入ってさまよった尼様が ひもじさから食べて踊り出したという「舞茸」というキノコ※今もあります(^^) の奇怪なお話を舞踊と太鼓で表わしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

踊り戯れる娘の容姿と キノコに扮した学生の動きと スキャットがシュールでした。

 

 

※おまけのリハーサル。