繋がることのありがたさ

昨年舞踊の創作活動に励んでいたからか、今年は古典回帰をしたくなり、古典舞踊のおさらい、そして振りのほりおこしなどの研究活動にいそしんでいます。

よく、日本舞踊のお話になると「何流ですか?」と聞かれますが、同じ曲でもそれぞれの流派で振りが異なるので、その違いを見るのも日本舞踊の楽しみの一つ。
力強さ、粋さ、華やかさ、しなやかさ…その個性はさまざまです。

ちなみに私は藤間流で古典舞踊をおさめていて、舞踊活動を独自で行っていると言いつつも、師匠とはずっと繋がっています。
独立していても、師匠の元へお稽古に通う。
こういったところは、異業種の人から見ると不思議なところの一つのようですが、西洋・東洋共に、古くから伝わる芸能にはよくあること。はるか昔より脈々と受け継がれるその芸能のバトンを、後世にリレーしていく役割を担っていると思うと、なんだか逞しい心持ちが芽生えてきます。

お祝儀曲の魅力

さて、私は古典舞踊の中でも、特に「お祝儀」に関わる舞踊が好きです。

お祝いの席で披露させていただくことの多いお祝儀曲は、踊り手自身の息と身体の動き、そしてその場の空気をつかさどるような神々しさ、独特の緊張感があります。また、動きがシンプルな分、踊り手の技術も際立ちます。
さらに、とてもゆったりとした曲調。これは現代人には少し馴染みにくいところではありますが、姿(俗にいうキメポーズ?)を見せる場面が多いので、その“姿(型)”がビタっと決まった美しさと出会った時は、まるで心が矢で射抜かれたような衝撃をうけます。

今日は師匠とお稽古後に少し談笑。
「足の運び」というちょっとマニアックな話で大いに盛り上がりました。
足元は、ちょっとした角度や歩幅でかなり印象が変わりますし、自分自身の心の持ちようもかわります。

ふとした私の質問にパッと答えて体現してくれた師匠のその姿形がとても美しく、心奪われ、私の心の中にあったモヤモヤが全部どこかに飛んで行ってしまいました…(笑)
これこそ、踊り手と見手が一体になって通じ合う瞬間!
今日も大切なものをいただきました。

私もこうやって誰かと感動を共にしながら、踊りを続けていきたいです。

私は器になりたい…

スーパーで美味しそうなお魚や お野菜を見つけたとき、
好みの合いそうなお料理屋さんの前を通りかかったとき、
気になるワインのラベルを見かけたとき、
印象深い人と出会ったとき…

なんだか ソレに呼ばれているような気がして、ふと気にかけてみると、決して派手な様子はないのに、そのものだけが光り輝いて見えて、自分に語りかけてくるような、ふっと引き寄せられるような感覚。
そんなこと、ありますよね。

食べ物に関して、かなりの威力でそのレーダーが働く食いしん坊の私。
それは 食を彩る「器」にも発揮されるようで、魅力的で温かい仲間たちが今、我が家の食卓を彩ってくれています。

器の表情一つで、私のお粗末な手料理が美味しくなるような気がするから不思議なものです…。

さて、私の愛読書の中に柳宗悦さんの「工芸の道」があります。
工芸がお好きな人は、お読みになった方も多いでしょう。

工芸への愛がビンビン伝わってくる柳さんの文章は、読むたびに胸が高鳴り、幸せな気分をいただきます。

その中でも"工藝の美"という章は、私にとって興味深い章です。

「工藝は、現世に生きる私たちへ 天から贈られた花。味なき日々の生活も、その美しさに彩られる。

すべての工芸(器)は、役に立とうとこの世に生まれてくる。だからこそ、健康でなければならないし、どんな扱いにも耐えられなければならない。そして人に寄り添い素朴で強く、静かである…」

まるで宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」を読んだ時のような衝撃をもった 若き私は、「あ~!こんな器のような人になりたい!!」と、心の中で叫んだものです。

そして、この思いが今、私の目指す日本舞踊において生きています。

所作の美しさとは、決してその人自身を飾るだけのものではありません。
それによってその場の空気を穏やかにし、雰囲気を和ませるもの。人との結びつきを大切にしてきた日本人の"和の文化"そのものだと思っています。

「健全な器の美は、決して淫らな形を慎み、奢る風情は"らしい姿"ではない。正しく仕える身であるから、器の用をなす。そのものにこそ、美が宿る。」

私もそんな人でありたいと、日々精進しています。

これからもこの日本人が育んできた、ひとを結ぶ「伝統、文化」を大切にしていきたいです。

「特別レッスン~まち歩き」始めました!

最近、「日本舞踊のお稽古に通う時間の余裕はないが、着物姿は美しくしたい」という お声をよくいただきます。

着物は、曲線的な身体に直線的な布を巻き付けるというとてもシンプルな構造で成り立ちます。

シンプルだからこそ、その人自身の立ち居しぐさに 目がいきやすくなります。

歩き方や首の傾げ方、力の抜き加減などを少し意識するだけで、品のよい艶っぽさを引き出すことができますが、反対に、せっかく女っぷりを上げようと着物をまとっても、逆効果になることも…

性格や感情など心的状況は身体(筋肉のつき方・姿勢やしぐさ)に現れますが、逆に身体の使い方を変えることで、心的状況に変化を与えることも可能です。

帯の具合や衿の落ち着き加減、裾の乱れ…

着物は、自分の身体がどのように動いているのか意識すること そして 自分の心と向き合うことに とても適した衣です。

最近、着物姿を楽しむ人も増え始め、ただまとうだけではなく、美しい所作を身に着けたいというお声をよくいただくようになりました。

日本舞踊のお稽古を続けていると、そういったものを自然と修得していくことが出来るのですが 現代のスピード社会。

なかなかじっくりと修行を積むことが難しいのが現実。

そこで…! 従来のような一曲修めるというお稽古ではなく、

普段なさっている日常的な生活(まち歩きや、パーティーの予行演習)に私 啓冶が同行させていただく、

「普段の所作をさらに美しくするための “1day特別レッスン” 」を始めました!

原則、女性向けの2時間程度のレッスン、大阪が主ですが 他地域にも参ります。

ワンランク上の着物生活をおくりたい方、ぜひお問合せくださいませ。

 

HPを改めました。

啓冶です、HPを改めました。

少しずつ仕上げていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

さて今年は、酉年ですね。

毎年お正月には、福島県三春町・橋本廣司さんの干支デコを取り寄せて玄関に飾っています。

(もう年明けが、大分前のことのように感じますが…笑)

この橋本さんのデコ人形、一つ一つ表情がちがってなんとも愛くるしいのです!!

勢いがあってシンプルな、筆遣いがたまりません♡