今昔物語~舞茸

2019年1月29日

千里金蘭大学佐藤記念講堂にて

語り 花むらてん
和太鼓 TAKERU
舞踊  ごん乃ゆい
歌と踊り 千里金蘭大学児童教育学科一年生有志

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古典を身近に感じる現代表現へのチャレンジ舞台ですが、語りは原文と訳文との混合体です。
現代にも生きる千年の日本人文化の心 をさまざまな記録から描く

「今昔物語」28巻1000話を紐解くシリーズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、山に入ってさまよった尼様が ひもじさから食べて踊り出したという「舞茸」というキノコ※今もあります(^^) の奇怪なお話を舞踊と太鼓で表わしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

踊り戯れる娘の容姿と キノコに扮した学生の動きと スキャットがシュールでした。

 

 

※おまけのリハーサル。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください